【投資記録】2019年8月の資産運用結果 ~ソーシャルレンディング&投資信託~

2019年8月の投資記録です。(記事作成をサボり気味で、投資記録に関する記事が連続。。)

8月は、米中相場。全体感は株安・債券高。

両者の発言一つで、揺り動かされる月でした。

それに伴い、米国の2-10年金利の水準が逆転するなどリスクオフ的な材料も出てきました。

今年に入り継続していますが、各国金利は急速に低下しており、イールドハントが更に加速しています。

あのギリシャ国債(10年)が1.6%!!笑

利回りが残っている物であれば、何にでも飛びつくような相場になっている様な印象があります。

f:id:sikennbisya:20190901153909p:plain

引用元:https://www.bloomberg.co.jp/quote/GGGB10YR:IND

私のポートは株に偏ったものになっていますので、時価は大きく減少しました。

8月の投資記録を以下にまとめております。

【投資記録】2019年7月の資産運用結果 ~ソーシャルレンディング&投資信託~ 

↑先月の投資記録

 

ソーシャルレンディング

結果

f:id:sikennbisya:20190901143414p:plain

今月の税引き前損益は+1.2万円でした。

プレリートファンドから1件償還があり、約8万円ほど出金要請中です。

マネオマーケット系列事業者からの償還のお知らせは、重みが違います笑。

ガイアファンディングからは音沙汰がありません。連絡くらいはして欲しい。

その他

今月はソーシャルレンディングにとって、良い?知らせが多かったと思います。

個人的に一番大きいお知らせは、

  • ビットリアルティ(9月募集案件)の最低投資元本が100万円から50万円に変更

となったことです。あわてて、口座開設を始めました。

今後も継続的に額を落とすのかどうかは不明ですが、1案件50万円なら私でもぎりぎり許容範囲。

審査に落ちる可能性もあるので、なんともいえませんが、無事通れば投資したいと考えています。

その他にも、

  • SBISLがアパートメントホテル開発における業務提携
  • クラウドバンクがスマートレンドのFinance One Limited案件を取り扱いを開始

等等、気になるお知らせが多かったです。

また9月には、マネオ案件で個人的に重要な出来事が二つあります。

  • 延滞中の案件、愛知のアパート案件が返済される予定(マネオから数ヶ月前に受領したお知らせより)
  • 唯一、通常運用中の案件の償還月(借り換え案件で良くない知らせが届きそうな気がしています。。)

上記いずれも、それぞれで一つの記事にしたいレベルなのですが、頑張って一つくらいは書きたい・・・。

投信・インフラファンド

■2019/8/1時点

f:id:sikennbisya:20190818152722p:plain

■2019/8/30時点

f:id:sikennbisya:20190901145021p:plain

株式市場が若干調整しましたので、今月は含み損益が▲19.2万円ほどとなりました。

9281 タカラレーベンインフラ投資法人を少額保有しているので、分配金も数万円ほど入ってきました。

株は数%下がった程度であり、積み立て投資の内容(金額や額)は一切変更していません。

やっていることは何も変わっていないので、書くことなし!

まとめ

  • ソーシャルレンディングへの投資残高:490万円
  • 投信・インフラファンドへの投資残高:699万円
  • テーマ投資残高:7.6万円
  • 今月の損益:▲18.0万円

時価は若干減少しましたが、痛手というほどではありません。

積み立て投資を淡々と実施していきます。債券の売却はまだまだ早いと思っています。

なんとも纏まりのない記事ですが、この辺りで。