【Funds】上場企業の保証付ファンドの募集予告!投資準備進めます。

Fundsより新規募集案件が控えています。

そのうちの一つは、Fundsで従来募集されていた形式とは大きく異なります。

ファンド組成企業がデフォルトしない限り、元本は毀損しません。

投資家サイドからは嬉しい設計となっていますので、紹介させていただきます。

>>従来募集案件のファンド形式は以下をご参考ください

【Funds】新しい貸付事業者の登場 

 

フィル・パーク東京スカイツリーリバーサイドファンド

まず東証上場企業(それなりに信頼できそうな)の保証がついている案件から紹介します。

ファンド条件
  • 予定利回り:3.0%
  • 期間:12ヶ月
  • 貸付総額:1億円
  • 配当:各四半期
  • 担保:無し
  • 保証:フィル・カンパニー及びセントロ社の連帯保証付き
  • 募集開始:2019/3/27 18:00~

ファンド募集額は1億円と、Fundsにおいて過去最大規模です。

予定利回りは3.0%であり、他のソーシャルレンディング案件と比較すると低めとなっています。

これは、上場企業の連帯保証付き案件ですので、ある程度は仕方ないでしょう。

ファンド概要

f:id:sikennbisya:20190321183741p:plain

上の画像でガラス張りになっている建物(左から2つめの白い建物)が今回のファンドの対象物件である”フィル・パーク東京スカイツリーリバーサイド”です。

何か周りと浮いている様な気もしますが、それこそがコンセプトのようです。

Trophy社の主要株主であるフィル・カンパニー社では、「街の中に灯をともし、街の魅力を照らし出す」というコンセプトを掲げ物件の企画を行っています。

今回の物件の周辺は2階建てで低層、昔ながらの建物が多く、このエリアに3階建て・ガラス張りのシンボリックな建物を建てることにより、この街の活性化とスカイツリービューを楽しめる新たなスポットとなることを目指します。

※Fundsの案件募集ページより

こういうオシャレ?なものとは、全く関わりがないし、センスもありませんので特に言及しません。(できない。)

2019/3/21時点では、テナント募集がされていました。

f:id:sikennbisya:20190321183759p:plain

※「at home」より

Fundsの他案件との違い

当案件は「フィルものづくりファンディング社」がファンドを組成、「Trophy社」が借り手となります。

フィルものづくりファンディング社(株式会社Trophyの100%子会社)は今回のファンドの為に作られた箱でしょう。

Trophy社は株式会社フィル・カンパニーと株式会社セントロの合弁会社となっています。

f:id:sikennbisya:20190321184744p:plain

従来のファンドでは、資金の借り手(今回はTrophy社)がデフォルトした際には元本が欠損するような設計となっていました。

しかし今回のファンドにおいては、親会社であるフィル・カンパニー及びセントロ社(いちご株式会社の連結子会社)の連帯保証がついています。

Trophy社も2018年10月に設立された法人でまだ売り上げが立っていない会社です。Trophy社がデフォルトしないかぎり元本は欠損しない!とかいわれても・・・というところですしね。

 

上記不動産事業と同様に、フィル・カンパニー(株価コード:3267)及びセントロ社(いちご株式会社の連結子会社、株価コード:2337)がデフォルトしないかどうかが投資家としては重要でしょう。

2社の財務情報等もFundsのHPにございますので、チェックしてみてください。

フィルカンパニー社は毎年利益を上げ続けており、ここ一年でどうこうなるような会社ではなさそうであることが確認できるかと思います。

 

台東区XEBECファンド#2

もう一件、株式会社デュアルタップの案件も募集があります。

ファンド条件
  • 予定利回り:4.3%
  • 期間:12ヶ月
  • 貸付総額:21,350,000円
  • 配当:各四半期
  • 担保:無し
  • 保証:無し
  • 募集開始:2019/3/22 18:00~

Fundsの募集ページに、”当物件は前回募集したファンドで取り扱った物件の上層階の一室です。”という記載がありました。

案件としては台東区XEBECファンド#1とほとんど同じものであるとの認識で良いでしょう。

以前募集したファンド物件の上層階とのことで賃料は同水準もしくは若干高そうですが、利回りは下がっています。多少利率が低くても2千万円程度すぐに集まるだろうから・・・みたいな思惑もあるのでしょうか。

ファンド概要

f:id:sikennbisya:20190321200342p:plain

金融庁の公式見解より、貸付先の匿名化が解除されました(貸付先の開示は強制ではなく、匿名化する必要がなくなった)。

この公式見解前から、ファンドの貸付先企業は公開されていました。

物件に関しては、「当ファンドで扱うXEBECの物件は台東区浅草エリアの物件です。」としか、募集ページに記載がありません。

このような表記も今後細かくなっていくのでしょうか。

最後に

別事業者で償還が立て続きに続いており、投資が進んでいませんので、上記2案件ともに投資したいと考えています。

どちらもクリック合戦になることが予想されます。

平日の18:00~の募集なのでサラリーマンには、きついのですが・・・

Funds