【ご報告】遅延案件(千代田区案件)の分配が完了していました【maneo(マネオ)】

2019/5/22、「分配のお知らせ」というメールをmaneoより受領しました。

内容は、返済が遅延していた千代田区案件の分配についてです。

報告記事となります。

 過去記事一覧(遅延内容もまとめています)

  • ↓ 3/14付

【maneo(マネオ)】期失・遅延案件の途中経過!株式会社リクレの見立てはどうなっているのか?? 

  • ↓ 5/7付

【債権回収!】遅延・期失案件(千代田区)のクロージング連絡【maneo(マネオ)】

 

 

ファンド内容

ファンド名:【不動産担保付き】1,200億円突破記念ローンファンド【第3弾】

ファンド条件
  • 運用利回り:6.3 %
  • 貸付実行日:2018年05月24日
  • 返済完了日:2019年01月28日

↓にスキーム図を掲載します。

f:id:sikennbisya:20190522210835p:plain

分配結果は?

キャプチャ画面

以下画像は、maneoのマイページ画面をキャプチャしたものです。

f:id:sikennbisya:20190522215833p:plain

分配予定日5/22の欄に100,084円とありますが、この額が本日分配されていることを確認しました。

そして、すぐに出金申請しました。

maneoに預けている金額は、延滞中案件も含めて27万円ほどになりました。 

分配金の内訳

5/22に利益として分配された金額は660円のみです。

遅延による上乗せ等はございませんでした。ないものは仕方ないでしょうが。

ファンドとしての最終的な利率だけ確認しておきます。

  • 運用開始日:2018年5月15日
  • 分配完了日:2019年5月22日
  • 元本額:100,000円
  • 税引き前利益総額:5,099円

運用開始日から約1年経過し、元本返済となっています。

大雑把ではありますが、このファンドとしての利率は約5.0%ということになりました。

これだけならば、問題なさそうに見えてしまいますが、そういうわけにはいかないですよね・・・

最後に

「リターン水準の高いファンドに投資をしているわけで、そのリスクの一部が表面化しただけです。問題ありません!!」と遅延中ファンドが少なければ、締めくくることができるのですが。。

maneoマーケットの現状からは、なかなか。

出金した分の資金は、別の投資資金に回します。